カテゴリー「 HOTEI 」の記事

HOTEI × TAKEO KIKUCHI

6T5A9433

 

 

 

6T5A9485-2

 

 

 

 

6T5A9519

 

 

 

 

HOTEI

 

 

 

 

6T5A9525

 

 

 

 

LONDON⑬

 

LONDON GAME stage13。4泊6日の短いゲームが終わる。

 

 

このバスを降りることすら名残惜しい。

 

 

足早な嫁さんの足取りも重かった。気持ちは同じなんだな。

 

 

帰りも勿論、Virgin atlantic!!

 

 

なんだかとても親しみを感じる。

 

 

クリスマス一色の港内に、寂しい気分が和らいだ。

 

 

よく見ると、機首にユニオンジャックを手にした女性が!こういう遊び心が憎い。

 

 

いよいよヒースロー空港を後にする。

 

 

12時間の長旅だ。CAさんが持って来てくれたメニューと、自分の「iPhone5」。やっぱり、自分の携帯がこの世で一番カッコいいと悦に入った瞬間だ。

 

 

さて、何を飲もうかな!!!

 

 

さらば、ロンドン。

 

 

気づけば、嫁さんは既に酒盛り中。

 

 

アルコールが苦手な自分は紅茶で乾杯だ。

 

 

 

あまり食べたことの無い食事だった(笑)。

 

 

 

食事を済ませ、映画鑑賞をすることにした。何にも邪魔されず没頭出来るこの時間も自分には貴重だった。

 

 

この黄色の軌道に乗って帰るんだな。機内は証明も暗くされており、みんな寝入っていた。多分、自分くらいだな、寝てなかったのは。

 

 

ふと窓の外を見遣ると、そこは満天の星空だった。なんとかカメラにおさめたくて、バルブ撮影をした。飛行機って案外揺れるので、思ったように撮影出来なかったのが無念である。嫁さんにも見せたかったけど、爆睡中だったので。起こすのは遠慮しました。

 

 

結局、空が白み始めるまで一睡も出来ずに終わってしまった。

 

 

嫁さんも目覚めて、朝ご飯だ。トロピカーナのパッケージが見慣れない(笑)。

 

 

地図上の飛行機も日本上空に到着だ。

 

 

LONDON GAME もとうとう終了だ。2012年12月14日に子供達を両親に託し、自分と嫁さんの旅は始まった。今、布袋さんの住んでいるイギリスの歴史的建造物に触れ、異国の地を自分の足で踏みしめて来た。布袋さんのLIVEで、自分の見聞が格段に広がったと思う。自分はどうも「布袋さん」の音楽があればいい、それが全てだと考えるようなところがある。でも、今回の旅で考えが少し変わった気がする。この世の全てのものの存在を感じること、歴史を知ること、言葉が通じない場所でなんとかコミュニケーションをとろうとすること。そういうことで、自分の見識を広げることで布袋さんの音楽をもっとグローバルに受け止めることが出来るようになる気がしたんだ。LONDON GAMEはいったんここで終了するけれど、布袋さんの挑戦は始まったばかりだ。自分も、応援(というと語弊があるかもしれないけれど)という形で一緒に歩き出したいと思う。LONDON GAME ①〜⑬までおつきあい下さった皆さん、ありがとうございました。そして、この旅で関わってくれた全ての方々にもお礼申し上げます。最後に、布袋さん、この企画をして下さり、お礼の申しようがありません。たくさんの感動をありがとうございました。また、次の機会があることを心底願ってこのGAMEを閉じます。

次の記事でまたお会いしましょう。See you soon!!

 

 

 

LONDON⑫

 

LONDON GAME stage 12。とうとうこの時が来た。自分はロンドン観光に来たのでは無い。布袋さんのLIVEに来たんだ。

バスを降りたら、ブラッドピットが歓迎してくれたよ。

 

 

Round house到着。夢にまでみた場所だけれど、エントランスがわからない(汗)。

 

 

看板は見つけるけれど、語学力に乏しい自分にはイマイチ意味不明だ。学生時代、英語をもっと頑張っておけば良かったと後悔した。

 

 

日本は壁にこんな風に行き先を記したりしない気がする。簡単だけど、カッコいい演出だ。

 

 

垂れ幕の予定表に布袋さんの名前を発見した。ここで布袋さんの世界への挑戦が始まるんだ。

 

 

 

 

そうこうしている間に長蛇の列が。

 

 

布袋さんを待ちわびる人でいっぱいだ。

 

 

列に並んでいると、山本倫子さんがいた。どさくさに紛れた訳ではないが、嫁さんとの2ショットを撮ってもらってしまった。改めて、山本さんに感謝申し上げたいと思う。

 

 

並んでいた人たちが皆、会場に飲み込まれたようだ。自分は入場ゲートでカメラをチェックされてしまい、ここからの撮影は断念せざるを得なかった。自分のカメラはフロントに預けなくてはならないのに、コンデジはOK。正直、不服を言いたいところだったけれど、布袋さんのLIVEの決まり事に文句を言えるはずが無い。それで、とりあえず、グッズ売り場に並ぶことにした。自分の前には5、6人しか並んでいなかったのだが、一向に前に進まない。とうとう開演時間直前になり、グッズを諦め会場入りすることにした。嫁さんがしっかり並んでいてくれたので、この旅で知り合った友人達と最前列で布袋さんを待つことが出来た、最高の幸運。

いよいよステージが始まり、以下の通りの曲順で

①BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
②ミッションインポッシブルのテーマ
③BAD FEELING
④SPHINX
⑤HEART BREAK HOTEL
⑥ハウリング
⑦MATERIALS
⑧STARMAN
⑨BORN TO BE WILD
⑩ロシアンルーレット
⑪バンビーナ
⑫Dreamin’
⑬SIREN

アンコール
⑭C’MON EVERYBODY
⑮GLORIOUS DAYS
⑯FLY INTO YOUR DREAM

ライブの様子は富岡秀次さんのブログで確認出来ます。自分もカメラマンの目線で布袋さんを撮影したいと思ったことが何度もあるけれど・・・。布袋さんだけは撮るのは難しいかもしれない。見入ってしまって冷静ではいられないと思うから。多分、シャッターをきることが出来ない気がする。

 

 

LIVE終了後、布袋さんと話が出来ることになった。LIVE後で、相当疲れていたはずなのに、ファン一人一人と目を合わせ、言葉を交わしてくれた。唯一無二に嬉しいことだったのだが、悔やまれたことがひとつ。自分より先に嫁さんが布袋さんと話をしていたんだけど、嫁さん、自分(オレ)と来れて良かった、と言ったんだよね。そしたら、布袋さん、旦那さんもどうぞ、って感じに自分を呼んでくれて。呼ばれたのは嬉しかったけど、自分は嫁さんのついで?(いや、決してそんなことは無かったんだけど)的に二対一で話をするんじゃなくて、あくまでも一対一で布袋さんと話がしたかったんだ。自分が布袋さんと共有出来る数分間の中の数秒、数十秒を失った気がして。それだけが、正直悔やまれた。嘘を書いても仕方ないので、自分の気持ちは正直にここに書き記そうと思う。もし、またこういう機会があったら、自分も嫁さんも「終始、自分対布袋さん」という観点で話をすることにしよう!!そう思うからだ。

こればかりは嫁さんだろうが、息子だろうが、譲れないんだよ。

MEET & GREET!!自分は生涯忘れないだろう。・・・・っと、ここで皆さん、お気づきだと思いますが(笑)。自分、布袋さんと話した内容とか、全く記憶にありません(TT)。布袋さんの笑顔、握手の感触。それだけはしっかり目に、手から腕に。身体全体で覚えているけれども。

 

 

会場を後にするとき、ROUND HOUSE のスタッフさんと記念撮影できた。彼はとても親切で本当に助けてもらったんだ。

 

 

最前列でGETしたピック。ナイスキャッチした訳ではなく、自分の指はそれを弾いてしまったんだけど、目の前のカメラクルーのスタッフさんが、自分のところにまっすぐ届けてくれたんだよね。ピックが弾いたのも、ずっと見ていてくれたらしい。手を取って感謝したかったけれど、LIVE中だったので、アイコンタクトで済ませてしまった。こう考えると、このLIVEで何人もの人の好意で、LIVEをより楽しめたことが実感出来る。改めて自分に関わってくれたすべての人たちに感謝の気持ちを伝えたい。ありがとうございました、と。

 

 

布袋さんの世界への挑戦が始まった。自分は踏み出した第一歩をしっかり観ることが出来た。布袋さんの緊張は自分の緊張だった。布袋さんのLIVEは何百と観て来たけれど、このLIVEは自分にとっても生涯心に残るものになると確信している。雲の上の存在だった布袋さんが、なんだか身近に感じた。そういえば、この感じは前にも感じたことがある気がする。そうだ、Twitterだ。震災のあと、布袋さんのツィ–トでその人柄に感動した。被災地にいる自分が、布袋さんの身近にいるような錯覚を覚えたんだ。そして、さらに布袋さんのことが好きになった。曲だけでなく、布袋さんがもっと好きになったんだ。男が惚れる大人の男な布袋さんを、自分はこれからも追い続けたいと思う。布袋さんが走ったら、自分も走り、布袋さんが立ち止まったなら、自分も立ち止まる。自分の人生はこれからも布袋さんと共にある。今、改めて自分を見つめ直し、実感している。幸いなことに嫁さんも布袋さんが大好きだ。次のLIVEも彼女と行きたいと思っている。         ・・・・・・・・・・なんてな(和久さん風に)・・・・・・・・to be continued!!

 

 

 

 

1 / 712345...最後 »